AdSense Invalid Click ProtectorをCocoonで設定してみた!今すぐできるアドセンス狩り対策!

AdSense Invalid Click ProtectorをCocoonで設定してみた!今すぐできるアドセンス狩り対策! 副業

最近アドセンス狩りが流行ってるみたいですね。
せっかくアドセンスに合格しても、嫌がらせで何度もクリックされて停止は困る。

なので対策を早い段階でやっておくべきだと思います。

…まぁ私も何もしてませんでしたけどね!(笑)

でも対策するに越したことはないので、簡単にできるアドセンス狩り対策をやってみました。

AdSense Invalid Click Protectorでアドセンス狩り対策

AdSense Invalid Click Protector
「一定時間内に、指定回数以上のクリックがあったら、そいつブロックしてね」ってことができるプラグインです。

で、さっそく導入しようと思って調べたら問題発生。
どうやらfanctions.phpを直に編集する必要があるっぽい。

私、テーマやWordPressは最新に更新して使いたいので、直編集は困るんですよ…。
ちなみにfanctions.phpは少しミスっただけでサイト真っ白になります。

…(´・ω・`)

さすがに他に方法ないの?と探してみたら、Code Snippetsを使えば大丈夫そう。

実際にやってみて問題なかったので、手順をまとめました。

CocoonにAdSense Invalid Click Protectorを導入する手順

  1. プラグイン「AdSense Invalid Click Protector」のインストール
  2. AdSense Invalid Click Protectorの設定
  3. プラグイン「Code Snippets」のインストール
  4. Code Snippetsの設定
  5. Cocoon設定でアドセンスの設定

簡単に流れを説明するとこんな感じです。
画像付きで手順をまとめているので、10分以内には終わると思います。

ちなみにfanctions.phpを直接編集しない方法ってだけなので、Cocoon以外のテーマでも同様に使えるはずです。

AdSense Invalid Click Protectorの設定

AdSense Invalid Click Protectorをインストール
まずAdSense Invalid Click Protectorというプラグインをインストールします。

左のメニューにAdSense Invalid Click Protectorが追加されるのでクリック。
AdSense Invalid Click Protectorが左のメニューに表示される

すると英語で色々表示されますが、いじるのは上の3つだけ。
AdSense Invalid Click Protectorの設定画面

Set the Ad Click Limit 広告クリックの上限回数
Click Counter Cooke Expiration Time (default: 3 hours) クリックをカウントする時間間隔
Set the Visitor Ban Duration (default: 7 days) ブロックする日数

ちなみに画像の設定だと
3時間以内に
4回クリックされたら
7日間ブロックしてください
となります。

とりあえずデフォルトのままでOK。
導入が完了してから好みで調整してください。

Code Snippetsの設定

Code Snippetsをインストール
次にCode Snippetsというプラグインをインストールします。

左のメニューにSnippetsが追加されるのでクリック。
Code Snippetsが左のメニューに追加される

画面上部にある「Add New」をクリック。
Code Snippetsで新規作成

あとはスニペット名を決めて、コードをコピペします。
スニペット名は自分がわかるものでOK。
コードはこれです↓

add_shortcode( 'gads01', 'gadsfunc01' );
function gadsfunc01() {
    if( aicp_can_see_ads() ) { // This part will show ads to your non-banned visitors
        $adCode = '<div class="aicp">
★ここにアドセンスコードを貼り付けます★
        </div>';
        return $adCode;
    } else { // Anything within this part will be shown to your banned visitors or to the blocked country visitors
        return '<div class="error">広告の表示がブロックされています。</div>';
    }
}

★のところに自分のアドセンスコードを貼り付ければそのまま使えます。
一旦メモ帳に貼り付けてから、アドセンスコードに入れ替えると簡単です。

実際に入れたらこんな感じですね。
Code Snippetsにアドセンスコードを入れる

他は変更不要なので、保存して有効化します。
全角スペースや閉じ忘れがあったらバツマークが表示されるので、fanctionを直に編集するよりは安心です。

Cocoonの設定

Cocoon設定→広告と進みます。
Cocoonの設定

本来アドセンスコードを入れている場所に、ショートコードを入れて保存します。
先程のコードをコピペして使っているのであれば、gads01ですね。

Cocoon設定でアドセンスコードを入れる

ショートコードは[ ]で囲む必要があるので忘れずに!

念のためにソースを確認して完了!

これで完了ですが、見た目ではわからないので、ソースを表示して確認します。

まずアドセンスが表示されているページに移動。
WindowでChromeを使っているなら、「Ctrl + U」もしくは右クリックメニューからソースを表示。

「Ctrl + F」で文字列の検索ができるので「aicp」と検索します。
AdSense Invalid Click Protectorの頭文字

きちんと反映されていれば、アドセンスのコードがこのように、<div class=”aicp”></div>で囲まれています。
aicpが適用されたソース

間違っても自分でクリックして動作確認なんてしないように!
自分でクリックするのは違反なので、アドセンス停止になる可能性があります。

あとついでなので、ads.txtの設定方法も載せておきますね。
Xサーバー使っている人はこれでできます。

アドセンスからads.txtの警告メールが届いたので設定してみた
久々にメールボックスを見ていたらアドセンスからメールが届いてました。 広告収入を守るために ads.txt をご使用ください 平素より Google のサービスをご利用いただきありがとうございます。 「ads.txt ファイル」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました