月1万円の配当金を得るのにはいくら必要?

月1万円の配当金を得るのにはいくら必要? 資産運用

毎月の給料に加えて、配当金で+1万円。
株を始めたら、まずはこの状態を目指そうと考える人も多いですよね。

もちろん私もそんな1人。
1万円増えるだけでランチをグレードアップしたり、良い焼肉屋に行ってもおつりが返ってきますからね。

あなただったら何をしたいですか?

月1万円の配当金を得るのに必要な金額は?

月1万円の配当金を得るには、一体いくら必要なのでしょうか?
わかりやすくするために、ここでは税金のことは省きますね。

結論から言うと、配当利回りによります。

例えば利回り3%で考えてみます。
月1万円と言うことは、年間で12万円の配当金をもらえるということ。

12万円÷3%=400万円

つまり利回り3%なら、400万円あれば達成できるわけです。

配当利回りで必要な金額は変わる

当然のことながら、配当利回りによって必要な金額は変わっていきます。

表にまとめるとこんな感じ。

配当利回り 必要金額
2% 600万円
3% 400万円
4% 300万円
5% 240万円
6% 200万円
7% 171万円

たった1%違うだけで何十万円も変わるのがわかりますね。

月1万円の配当は時間をかければ達成できる

上記の金額を見ると「うわ、こんなの絶対無理…」となる人もいるでしょう。
でも時間をかければ達成不可なんて数字ではありません。

例えば毎月5万円ずつ株を購入していくとしましょう。
5万×12ヶ月=60万円
1年で60万円ですので、5年で300万、10年続ければ600万円。

もちろんその間にも配当金は出ますし、増配もします。
配当金を再投資すれば、毎月5万円の負担も軽減。

値上がりしたら載せ替えるのもアリです。

ですので予想よりも早く達成できる可能性も十分にあります。

…ね?時間さえかければ達成できると思いませんか?

あとはどの株を買うかだけです。

ただし1銘柄だけに集中させるのは危険です。
必ず複数銘柄に分散して投資しましょう。

私は新興国・米国・リート・日経高配当など、どれかが暴落しても大丈夫なように分散して購入しています。

分散さえしていれば、多少のリスクはカバーできますからね。
不安なら高騰したときに売却して載せ替えたら良いだけですから。

毎月コツコツ積み重ねて行きましょう。
今日はこんなところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました