消費税が増えてもやるべきことは同じ

消費税が増えてもやるべきことは同じ ブログ

「消費税を15%に IMFが提言」
Twitterを見ていたらそんなニュースを見かけた。

…いやー、やばいよね。
どう考えても負担が増える未来しかない。

笑うしかないわ。

でもこんなのは分かりきっていたこと。
文句ばかり言ってても時間しか経ちません。

これから先、自分がどう生きていくのかを考える方が現実的です。

このまま何もしなかったらどうなるのか?

「このまま何もしなかったらどうなるのか?」から考えてみましょうか。
普通に仕事して、今のままの生活を続ける場合。

自分の給料って、今後上がると思いますか?
1年後、5年後、10年後。

…まぁ過去の給料と比較すればわかると思います。
たぶん上がらない。

5年前と比べて上がってないのに、5年後の給料が上がる?

むしろ上がっているのは社会保険料くらいなものです。
では社会保険料は今後どうなると思いますか?

…良くて現状維持、上がるかの二択でしょうね。
しかも高齢化が進んでいるので、上がるのは時間の問題。

つまり手取りが減る可能性がかなり高い。

追い打ちの消費税引き上げ

消費税が引き上げられる。
ということは、それだけ物の価格が高くなります。

手取りが減るのに出費は多くなる、ひどい追い打ちですわ。

少なくとも今の生活を続けるだけだったら、確実に負担が増えるでしょう。

節約では足りない

「じゃあ今から節約してお金を貯めよう」
この考えは、もう一歩踏み込んでおいた方が良いです。

というのも、お金の価値は一定ではないんですよ。

物の価格が上がると言うことは、お金の価値が下がることを意味します。

110円で買えていたものが115円必要。
この時点で1円が1円以下になっているのがわかりますか?

今の1円が、将来も1円の価値があるとは限らないんですよ。

100万円貯めても、将来は80万円ほどの価値になっているかもしれない。
仮に販売価格は同じでも、内容量が減れば同じこと。

それらを踏まえた上で考えると…
節約だけでは不安が残りますよね。

そもそも普段から節約ってやってませんか?
これ以上節約するのは難しいでしょうし精神的にもつらくなる、現実的ではないかと思います。

収入源を増やすしかない

結局のところ、やるべきことは1つです。
収入源を増やす。

出ていくお金が増えるなら、入ってくるお金を増やすしかありません。

配当金でも良し。
副業でも良し。
ポイ活でも良し。

正直、給料を1万円増やすよりも他で1万円稼ぐ方が簡単です。
しかも会社が潰れたとき、病気で仕事を続けられなくなったときのリスク分散にもなる。

少なくとも負担が大きくなってから行動するのは、精神的にもしんどいです。

どうせ負担が増える未来しかないなら、今からでも行動した方が良い。

今日はこんなところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました