貸株で金利をもらおう!塩漬け株からも稼げる貸株とは?

貸株で金利をもらおう!塩漬け株からも稼げる貸株とは? 資産運用

配当金以外にも、保有している株で稼ぐ方法があるって知っていますか?

実は貸株サービスを使えば、含み損で塩漬け状態の株からも稼げます。

「勝手にお金が増える仕組み」を1つ増やせるので、活用しない手は無いですよ!

貸株とは?

貸株は名前のとおり、株を貸して金利をもらえるサービス。
「株貸してくれてありがとう!お礼に少しお金払うね!」っていうのをイメージすると良いかと。

配当金以外にもお金を貰えるなら、貰わない理由はないですよね!

長期投資している人と相性が良いです。
長く保有する銘柄は貸し出して、金利を稼ぎましょう。

含み損で塩漬け状態って場合でも、これなら少しでも取り戻せますよ。
ちなみに貸し出している株も、売りたいときすぐ売れます。

貸株サービスを利用できる証券会社は複数あり、私は楽天証券を使っています。

楽天証券で貸株を設定する方法

まずは貸株サービスを利用するための申請を行います。
楽天証券にログインし、マイメニューから「申込が必要なお取引(信用、先物・オプション、FXなど)」をクリックします。

国内株式に「貸株サービス」があるので、そこから申請を進めましょう。
申請が終われば、貸株ができる状態になります。

次は株を貸し出す設定をやっていきます。
「国内株式」「貸株」と進みましょう。

貸出設定欄の「変更」をクリックします。

この画面で1銘柄ずつ、貸株設定ができます。
貸し出す数量、株主優待や配当金をどうするかの設定です。
私は基本的に「全貸」「優待・有配優先」を選ぶようにしています。
簡単に言えば、「株は全部貸し出す、優待と配当金は必ず欲しいからよろしく」って設定です。

今回は1銘柄で説明しましたが、一括で設定可能です。
複数保有名がある場合は、一括設定の方がラクです。

最後に、購入した銘柄が自動で貸し出されるように設定しておきましょう。
「貸株各種設定」に進みます。

一番上の「新規購入(入庫)銘柄の自動貸出設定」を「自動で貸出す」に設定しましょう。

これで購入するたびに貸株を設定する手間がなくなります。

貸株のデメリットは雑所得になること

貸株のデメリットは、貸株金利は雑所得ということ。
確定申告が面倒だから特定口座を使っている人は、貸株をすることで確定申告の必要が出てきます。

確定申告をしたことがない人は抵抗あると思いますが…金額は楽天が出してくれますし、想像しているよりは簡単ですよ。

あともう1つ。
貸し出している間に配当金の受け取りが発生したら「配当金相当額」として受け取ることになります。

配当金として受け取るはずのものが、配当金相当額になるわけです。
これも雑所得になるので注意してください。

楽天証券のほうでも記載があります。

貸株金利・配当金相当額は、税区分上「雑所得」または「事業所得」となります。
税区分が異なるため、株式等の譲渡損と相殺はできません。
また、配当控除の対象とはなりません。
楽天証券 – 貸株サービスの基本ルール

貸し出し中は持ってない状態ってことなので、当然株主優待ももらえません。

でも楽天証券には、そのあたりに対応した設定もあるので大丈夫です!

必ず株主優待・予想有配優先で設定

楽天証券の貸株には3つのコースがあります。

  • 金利優先
  • 株主優待優先
  • 株主優待・予想有配優先

選ぶべきは「株主優待・予想有配優先」!
株主優待や配当金の権利確定日に、自動で株が返却されます。
なので貸株をしながらも、株主優待や配当金が受け取れるわけです。

設定説明のとき私が選んでいたのがコレです。

これで配当金相当額は配当金として受け取れるようになります。
正直、配当金を配当金相当額で受け取るメリットは思い浮かびません。
なので「株主優待・予想有配優先」を選ぶのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました