楽天でんきに切り替えて感じたメリットとデメリット

楽天でんきに切り替えて感じたメリットとデメリット 楽天経済圏

SPUの条件にもある楽天でんき。
楽天経済圏を使っているなら、楽天でんきも少なからず気になっているかと思います。

ちなみに私は3ヶ月ほど前に楽天でんきに切り替えたところ。

ですので楽天でんきに切り替えて感じた、メリットとデメリットを紹介します。

楽天でんきのメリット

楽天でんき
楽天でんきに切り替えて感じメリットは3つ。

  • 切り替えがラク
  • 期間限定ポイントの消化ができる
  • 節約しやすい

では順に説明していきますね。

切り替えがラク

楽天でんきへの切り替え、これが思っていた以上にラクでした。
ネットで楽天でんきに申し込んだら終了。

現在使用している電気会社への解約も、楽天でんき側でやってくれます。

やることと言えば…無かったですね。ホントに。

賃貸なので念のため「切り替えしたいんですけど」って連絡しましたが、「自由にどうぞ」って状態でした。

そもそも賃貸だろうが電気会社の変更は自由みたいです。

期間限定ポイントの消化ができる

楽天でんきは、期間限定ポイントで支払いができます。
期間限定ポイントって意外に使いみちに困りますよね。

電気代を全額ポイントで支払えば、実質無料で電気を使っているのと同じ状態になります。

電気代を節約するのは大変ですが、こうしてポイントで支払うだけで電気代を浮かせられますよ。

全額とまではいかなくても、通常よりも安く抑えられます。

ちなみにウチは1月分12,484円→4,485円と、ポイントで結構安くなりました。

こんな感じでポイントで支払えます↓
楽天でんきをポイントで支払い

節約しやすい

ポイントでの支払いによって、その分の電気代が節約できます。

浮いた分で投資信託を購入していけば、資産形成も進められますね。

個人的にはつみたてNISAに当てるための、資金作りに調度良いと思っています。

楽天でんきのデメリット

楽天でんきのデメリットは1つだけ。

支払い設定を変更しておかなければ、ポイントで支払われないこと。

これだけでした。

マイページ→メニュー→各種お手続き→ポイント設定
と進めば変更できます。

一応画像で流れも説明しておきますね。

マイページで右上の三本線のアイコンをタップ
楽天でんきのマイページ

各種手続きをタップ
楽天でんきのメニュー

ポイント設定をタップ
楽天でんきの各種手続き

最初知らずに過ごしてて、もったいないことしました。
まぁでも一度設定すれば済む話ですので、最初に注意さえすれば問題ないと思います。

料金も高いって感じるほどではないですね。
どちらにせよポイントで払うので、以前よりも安いくらいです。

停電しやすいとか照明が暗くなったとかもありません。

私も最初にそんなことを考えましたが…
冷静に考えれば「電気をどこから買うのか」って違いだけですからね。

そんなこと起こるわけがない(笑)

楽天経済圏を使っているなら、使わない理由は無いと思います。

楽天でんきのページで電気代シミュレーションができるので、一度計算してみることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました